スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
2010年 ケーキで幕開け






2010年 元旦

私の寅年は
「ケーキを買いにいくこと」から始まった(笑)

お目当てのケーキ屋さんまで
車で送ってくれた父に
「なんで正月からケーキなん?」と聞かれ

「お気に入りのケーキ屋さんに
   お正月限定ケーキが出るから…」と答えた私



何してんだろ?私(笑)
でもこんなことを楽しめるのも幸せかもしれない

正月飾り

フラワーショップも併設しているそのお店は
店頭のお正月飾りも立派だった

そしてまさか?とは思ったけれど
元旦の朝から入店のための行列
( 並ぶの寒いよ~ 涙 )





元旦から並んで購入した
お正月限定ケーキ

お正月限定ケーキ

ただでさえ太ってしまうお正月
でもこの誘惑には勝てません




お正月は実家で過ごした

毎年 妹家族はお正月とお盆に旦那サマの実家に帰るので
いつもは賑やかな実家もこの間は
両親と私、ジュニアの4人で静かに過ごす


世間は 年々お正月の雰囲気が薄れていく中
お節やお雑煮も用意してくれ
お正月気分を演出してくれる母に感謝



今年も
美味しいもの、素敵なものにいっぱい出会い
笑顔で満たされた一年になりますように…

Love & Peace,



スポンサーサイト

テーマ:お正月 - ジャンル:ライフ

【2010/01/01 22:48】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(4)
☆ HAPPY CHRISTMAS 2009 ☆





メリークリスマス �mXmasOrns�n���S��09 ��SbWebs��

今年の我が家のツリーのテーマは
「ホワイトクリスマス」

カラフルなツリーと違って
  小さな子どものいる家のツリーとは思えない(笑
いいんだも~ん!
  自分の好みだもんね☆


クリスマスツリー2009







実家でささやかにクリスマスディナー �H��

ここ最近アルコール類は控えていたけれど
久々に おいし~いスパークリングワインで乾杯

お気に入りのケーキ屋さんのクリスマスケーキ �P�[�L
子供たちが 上の飾りを取り合うのはお約束(笑

クリスマスケーキ09


大好きな人たちと過ごせるクリスマスはとっても幸せ
ここにこうしていられること
  それを支えてくれているすべてのものに感謝です☆



ひとりでも多くの人が幸せなクリスマスを過ごせますように…

May peace, joy and happiness be yours.
              Happy Christmas!


テーマ:クリスマス - ジャンル:ライフ

【2009/12/25 15:28】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(8)
ボジョレーヽ(〃'▽'〃)ノ
父がボジョレーを買ってきてくれた�O���X���C���m�ԁn

今年出遅れてしまった私たちは
出かける先々でボジョレーを捜すものの手に入れることができず
なかば諦めかけていた

それがなんと!父はジュニアと一緒にスポーツジムのプールで泳いだ後
立ち寄った近所のコンビニでゲットしたというのだ
まさに「灯台下暗し」!



で、その貴重な(?)ボジョレーをいただきながら
父と母に私の現在の病状を伝えた







約2年前、私がこのブログを開設した当初(乳がんだと告知された直後)
私は自分の病気について知ることを拒み
病気について調べることもせず
ただ主治医の治療方針に従おうと思っていた
理由は単純!ただただ臆病で知ることが怖かった

そんな折、ブログを通じてコメントをいただくようになった
きゅうぞうさんからメールをいただき
私の主治医のことや治療について
そして何よりこれから治療に向かうべき私の
中途半端な態度を問いただしていただいたことを覚えている
当時の私はそれでも、わざわざ見ず知らずの私に
そこまで一生懸命になって下さっている
きゅうぞうさんの真意が理解できていなかったと思う


今の私は 遠隔転移の告知寸前だ
今になって思う
もっと勉強しておけば良かったと…

あの時 たった1年先輩のきゅうぞうさんが
再発も転移もしていないきゅうぞうさんが
あんなに訴えて下さったことを 今私は実感している
とっても恥ずかしい

遠隔転移と今後の治療について調べようにも
私は自分の「がん」について何も知らないのだ

乳がんを告知された日に
入院、手術の誓約書にサインをし
入院日は後日電話で知らされた
手術方法については、入院後手術前日の夜に説明を受けた
その後も手術や治療方法について説明を受けることもなく
自分から聞くこともできなかった

「ホルモン療法はしないのですか?」との私の質問に
    「しても意味がないからな」という答えから
  私がホルモンレセプターが陰性であること

「手術の際、リンパ節への転移はいくつありましたか?」との問いに
    「1個半、医学的には1個ということになってる」ということ

あとは半年ほど待って書いていただいた
傷病手当の申請書に書かれていた、摘出された腫瘍の大きさくらい


同じ病院で同じ時期に手術を受けたみんなの話でも
詳細に説明を受け、主治医の先生とともに治療方針を相談しながら
治療を進めていることを聞いていた
はっきりいってみんなの話す医療用の単語が分からないこともたびたびあった

私の主治医W先生は この地域では有名な名医と呼ばれる先生らしく
私の知り合いでも その先生に診ていただきたくて紹介状を書いてもらったにも関わらず
他の先生に診ていただくことになった人もいる

私はたまたま診察に行った日が その先生の診察の日だったので
W先生が主治医になったのだけど
忙しい先生だから…と諦めてしまっていたことも多い
痛いこと、辛いこと、不安なことは
主治医に頼るべきことではないと思い込んでいた


でも転移の危機にさらされた今
そんな呑気ではいられない
人任せではなく 自分自身で納得のいく治療を受け
懸命に生きている私の姿をジュニアに見せたいと思う


まずは検査の結果を聞きに行き
今後の治療方針をきちんと聞いたうえで
免疫療法の臨床試験を受けたい旨を伝えようと思う
もちろん臨床試験の対象には当てはまっていないかもしれないし
他の大学病院での治療をしたいという私を
快く送り出して下さるとも思えない


だけどジュニアのために貪欲に生きることにこだわりたい


そう両親に伝えた
これまでも いつもそうだったように
両親は黙って頷いて 私の意見に同意してくれた

母は「検査結果を聞きに行く日、お母さんも一緒にいく」と言い
父も「そうした方がいい」と言ってくれたけれど
それについては即答できずにいた
母はいつでも 一番嫌な役を引き受けてくれようとする
その気持ちはとてもとても有り難いのだけど
年老いた母にそんなことをさせたくはないし
私はもう小さな子どもじゃない
親は、本人以上に冷静ではいられないものだと思う
いつも冷静な母が取り乱す様を見たくはない



結果を聞きに行くのは
検査から3週間
検査結果を電話で聞いた日から2週間

その間 胸の痛みはどんどん増し
予約の日を待たずに診てもらいたい、この痛みを早く抑えて欲しいとも思っていたけれど
いろいろなことをゆっくり考えるには
良い時間なのかもしれない





もしあの時の私に伝えることができるなら
やはりきゅうぞうさんと同じように
きっちり勉強して自分の病気と向き合うよう言いたい

加えて
この記事を読んで下さっている方のなかに
これから病気に立ち向かおうとしておられる方がいらっしゃったら
少し考えていただけるきっかけになってもらえると嬉しい




テーマ: - ジャンル:心と身体

【2009/11/27 22:15】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(4)
復活~!(v゚∀゚v)





先日の電話での検査結果の発表後
軽く(いや軽くないかな?)落ち込んでしまい
ひとりになっては泣き明かし

食べるの大好きな私が 本当に珍しく
食べ物が喉を通らず

呑んだくれてしまおうにも
当然アルコールも飲む気にはなれず



今考えると
ほとんど記憶にない数日間が過ぎた



だけど初めて乳がんを告知されたときの経験で
私は学習していた
頭のどこかではわかってた
こんな日が長くは続かないことを


2日間たっぷり泣き明かした後
ふと目覚めたような感覚がおこり

「あ~!お腹すいた!」

という言葉が口をついた

食べてみたらいつものように食べれた
免疫力が下がるから食べなきゃ!と
思ってた時は 頑張っても喉を通らなかったのに…



おかげで少しすっきりした身体も
今では元通り(笑




私は今 生きている!
元気に生活している!


まだ検査結果も聞きにいってないのに
勝手に落ち込んでバカみたい

そう思ったら
ふと気持ちが軽くなり
本当に眠っていた状態から目が覚めたように
周りのいろんなものが見えるようになった気分

今は あまりに晴れやかな気分なので
検査結果を聞きに行って
再度落ち込むことになるのが怖いけど…

そんなの知ったこっちゃない
    その時また考えるまでだ





落ち込む時間も時には必要だ
イヤというほど落ち込んで
  イヤというほど泣いたら
    後は上がるだけしかない



もし くたばる時がきたら
  少しでも前に倒れてやる

絶対に負けない
  ジュニアが成人するまでは
      







���uコメントいただいたみなさま…

コメント、拍手コメント、メッセージと
温かいお言葉、どうもありがとうございます
感謝の気持ちでいっぱいです
またお返事が遅くなってしまいご心配おかけしすみませんでした
これからもみなさんと一緒に前を向いて進んでいきたいと思います
未熟者ですが これからも宜しくお願いします





テーマ:感謝をこめて - ジャンル:心と身体

【2009/11/24 23:21】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(4)
よく見る夢



「オーラの泉」を観ていたとき 妹が言った

「最近夢によく蜂 �Iが出てくるわ」

そこからみんながよく見る夢についての会話が弾んだ

人によって 
  映像がカラーだったり白黒だったり…
同じ夢を何回も見たり…
望めば夢の続きが見れたり…


なかなか興味深い �A�b�v���[�h�t�@�C��



で 私は小さい頃から頻繁に見る夢がある

それは…


空を飛ぶ夢 �_


しかも自力で…
夢の中で飛ぶ感覚は とてもリアルで
  目覚めている時でもその感覚を思い出すことができる

その時々によって
うまく飛べたり
 なかなか思うような高さまで行くことができなかったりさまざま

うまく飛べても飛べなくても
   多くの場合とっても気分がいい


その話をすると
  妹が「空を飛ぶっていうのは 自由になりたいっていう気持ちの表れ」

「それ以上自由になってどうするの!(爆笑)」

母曰く
「自由すぎて夢の中でまで飛び回ってるんちゃう(笑)」





は~���ߑ��B�B 発表するんじゃなかったよ(笑

空を飛ぶ夢って
   結構みんな見てるみたい…


こんなHP見つけた
   夢っておもしろい!
 空を飛ぶ夢占い・夢判断の為の夢事典/Zowie's Room






なりたい私になれる手帳


テーマ:夢日記 - ジャンル:心と身体

【2009/09/19 23:42】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(6)
next→
MITAKYE OYASIN


お気楽シングルマザーの乳がん闘病記
リボン運動
チーム・マイナス6%
プロフィール

jewel

Author:jewel
30台後半♀
5歳の息子ジュニアと二人暮らしのシングルマザー。

2007年10月、右乳房に「しこり」らしきものを発見。
2007年11月、乳がん告知。
2007年12月、乳房温存手術。
2007年12月~2008年4月、抗癌剤(TC療法)治療。
2008年5月~6月、放射線治療。
2009年11月、定期検診にて骨転移発覚。

乳がん告知から日々感じたことを綴っていくプライベート日記。

カレンダー(月別件数付き)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

jewel

Author:jewel
30台後半♀
5歳の息子ジュニアと二人暮らしのシングルマザー。

2007年10月、右乳房に「しこり」らしきものを発見。
2007年11月、乳がん告知。
2007年12月、乳房温存手術。
2007年12月~2008年4月、抗癌剤(TC療法)治療。
2008年5月~6月、放射線治療。
2009年11月、定期検診にて骨転移発覚。

乳がん告知から日々感じたことを綴っていくプライベート日記。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

インディアンジュエリーASKWALI



>> 早期発見で救える命がある <<
↓↓まずは自宅でセルフチェック↓↓

【送料無料!】女性用がん総合検査セルフチェック 25DW11

【送料無料!】生活習慣病+糖尿病+乳がんセルフチェック 25DW11

女性用クラミジア+淋菌セルフチェック 25DW11

【送料無料!】生活習慣病セルフチェック 25DW11



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。