スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
抗癌剤治療 >>> 4回目
今日は、4回目の抗癌剤投与の日。病院

前回の投与後、1週間前後は
結構副作用がキツくて、
ちょ~っと弱音を吐きたくなる気分だった。
1週間位は、味覚異常が酷く、舌の感覚がおかしかった。ローリングストーンズ
それが治まると、今度は体中の弱い部分に
ブツブツっぽいものができて、痒みに悩まされた。
(特に髪のなくなった、頭皮!)
吐き気はなかったものの、
喉の奥に物が詰まったような感じも続いた。

ちょっと嫌な気分になると、
病院内に入ること自体がブルーになるわけで。
おまけに、採血と点滴で2度も注射針を刺されることが
苦痛に思えてきた。泣(小)

幸い2回とも、スペシャル上手 注射2-1 な先生にやって頂き、
いきなりテンションUP 絵文字名を入力してください

今回の採血の結果、白血球数は、7100。
「この白血球数あれば、体調は良いと思うけどな。」と先生。
ノーテンキな性格と身体を見透かされたような(笑)

手術前から痛かった右膝のことを、
別の女性の先生に聞いてみる。
(主治医の先生は、忙しく、すぐに消えてしまわれる。)
手術前は、激痛で歩けなかったこともあるのだけれど、
その後治まっていた。
けど近頃、うずうずと痛くなりそうな感覚が。
「きちんと検査していますから、まず問題ないと思います。」と一蹴。
そうだよね。
そうは思ってたんだけど、先生のその一言が聞きたかったの~ 色付き
なんて単純な人間なのでしょう。


ラッキーって何? jumee☆whyLjumee☆whyLjumee☆whyL

1回目の抗癌剤投与の日の診察で、
先生にお願いした、保険会社提出用の診断書。
今日頂くことができた。

疾病名右乳癌
初診時の所見右乳房に3.3cm大腫瘍。T2N0M0 Stage�A 乳癌
治療経過細胞診検査を行い、2007年11月9日悪性と判定される。
手術名称乳房温存手術

 

 

 


T2NOMO=Tは腫瘍の大きさ、Nはリンパ節転移、Mは遠隔転移を表し、T2は腫瘍の大きさが3cm未満、主気管支への進展が気管分岐部から2cm以内の場合をいう


先生がしきりに、
「君はラッキーな人やなぁ。」とおっしゃっている。
診断書に関してのようだ。
なにせ忙しい先生なので、
独り言のように繰り返すその言葉の意味を訊くことができなかった。
(小心者め…ガイコツ

点滴の間中、何がラッキーなのか気になって仕方なかった。
保険に入ってたことがラッキー?   ん~絵文字名を入力してください

このところ、身内の不幸や、父の胃がん手術
自分の乳がん手術と良くないことが続いたので、忘れていた。

私はもともとラッキーな人間なのだ!jumee☆SaturdayNightFeverL
         (と、思い込んでいるだけ?!)

昔は、ラッキーガールなんて言われたもんだ。
         (今では、立派にラッキーばばあ だよ。)

くじ引きが当たるとか、すごいモノを拾う(?)とか、
そういうラッキーは皆無だけど。
愛すべき、尊敬すべき、素敵な人たちに囲まれ、
自分のしたいことをするチャンスを与えられ、
今では、ジュニアという宝物まで与えてもらった。

そのラッキーに感謝する気持ちを忘れかけてたんだろうな。反省。
先生、なんだかよくわからないけど、
思い出させて下さってありがとうございます♪

よっしゃ~!!!!
ラッキーばばあのセカンドステージ、開始だ~。Yeah
このテンションで、副作用乗り切るゾ jumee☆peace1




※ 読んで下さっている方へ ※
抗癌剤投与直後のためか、妙なテンションになっております。
ご了承下さいませ。






ウィッグ専門店 ksnok’s



スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

【2008/02/27 22:04】 | 抗癌剤治療 | トラックバック(0) | コメント(8)
『 食 』についての心がけ
カクテキ


大根のキムチ、カクテキを作ってみた。
自分好みに、激辛激臭!!!(笑)

プチ・ベジタリアン宣言より約1ヶ月。
加工食品から調味料に至るまで、
それまで、買うのが当然だと思っていたものも、
自分で作るようになった。

乳がん食事療法など、
いろんな資料を参考に、私が今実践してること。

↓P↓P↓P

アップロードファイル 脂肪、塩分、乳製品を控える
甘いもの、大好きなチーズを控える。
牛乳は使わず、豆乳に。

フランスパン 小麦粉を控える
パンを食べるのを控える。
他にも、パスタ、おうどん、ラーメンもなるべく控える。
お蕎麦は、『本10割そば』を買うようになった。

ごはん 玄米食を食べるように
発芽玄米』を食べるよう心がけている。
幸いジュニアも食べてくれるので助かる。
少しずつ美味しく炊けるようになってきた。
玄米以外にも、十六雑穀米や、古代米も食べるようになった。
すごく美味しい~。うふ

豆 大豆食品を多めに摂る
苦手だった納豆を克服~手書き風シリーズ26ピース
お豆腐、油揚げなどの
大豆食品もガンガン食べるように。

絵文字名を入力してください お酒を控える
私は、お酒を飲むときは、ご飯を食べない。
なので、意識して ご飯+お味噌汁 を中心に
メニューを考えると、お酒を飲む回数が減った。
嬉しいような、寂しいような・・・

食事 腹八分目を心がける
これは難しい。
どうやら、私の満腹中枢は故障気味のようで。
腹八分目がわからない。
気分が悪くなるまで食べてしまうのは、
なんとか阻止してるけれど。
これが抗がん剤治療中の人間とは思えない。手書き風シリーズ汗2



どれも、厳密に実践はできない。
でも、いろいろ考えてると、
食品添加物残留農薬も気になってきた。
すべてを排除することなんて不可能だけど、
どうせ口にするなら、少しでも少ない方がいいに決まってる。

だけどだけど・・・
安心で安全なものを作ろうとすると、
手間時間お金がかかる。
なにせ、無添加だとか有機野菜だとかは、
もちろん他のものに比べるとお高い。

スーパーでは、あれこれ裏返し、原材料名をチェック。
結構不審な行動してる。時間もかかる。

添加物が気になりだすと、
何でも自分で作らきゃという気にもなってくる。
加工食品の添加物の多さに驚くからだ。
すぐに食べたくても、作る時間が必要。
手間もかかる。

いつまで続けれるかは、疑問。?
続けているうちに習慣になればしめたモンだけど。


あ~、美味しそうjumee☆heart2
これくらいなら…大丈夫だよね。jumee☆devilR
     (だから!それがダメなんだって。jumee☆angelR





マクロビオティックを基本に天然素材で丁寧に手作りした体に優しいケーキ
ピクノジェノールのアースピュア




テーマ: - ジャンル:心と身体

【2008/02/22 13:47】 | お気に入り | トラックバック(0) | コメント(4)
お別れ
先日、お別れをしました。

長い長い、お付き合いでした。
何度もお別れをしては、
また戻ってしまう。
そんなズルズルしたお付き合いでした。

楽しい時も、辛い時も
いつも一緒にいてくれました。

お茶を飲む時には、一緒にいてほしい。
お酒を飲むと、恋しくなる。
そんな、あなたでした。


お別れしてから、約2週間。

寂しくなることも、
辛くなることもあったけれど、
もう大丈夫です。

たんまりお酒を飲んでも、
あなたを見かけても、
恋しくなくなりました。

...続きを読む

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/02/18 22:02】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(4)
相手の立場に立って物事を考える
バロン


私は、自分の病気のことを
周りの友人たちにあまり話していない。

だけど、手術を終え退院した翌日、
慌てて電話をした親友がいる。jumee☆telephone1c

入院中知り合った、同じ病を持つ患者さんたちが、
みんな子供を産んでいない人、もしくは
子供を産むのが遅かった人だったのがひっかかっていた。
(もちろん、偶然かもしれないけれど。)

その親友Aちゃんは、私と同じ年齢だけど、
まだ子供を産んでいない上、リンパが弱く、よく熱を出す。
入院中から、彼女のことが心配でたまらなかった。
できるだけ早く、そして定期的に検診に行って欲しかった。



先日、20年来の友人Bさんが、
親友Aちゃんを連れて家に遊びに来た。

Bさんは、私が学生の頃、アルバイトをしていた店の店長だった人で、
当時は毎晩のように飲み歩いたり、
一緒にダイビングに行ったりと、
男っぽい性格の私にとって、気の合う兄貴のような存在だ。

私は自分の友人は他の友人にも紹介して
みんなで仲良くしたいので、
このふたりも、もう長い付き合いになる。
なので、このふたりが一緒に私にうちに来ることにも、
何の違和感もなかった。

3人で、ひとしきりバカ話で盛り上がり、
さあ、帰ろうかという時になって、
Bさんが、話を切り出した。

「お前の病気のこと、俺にも話してくれていいんちゃうか。」
Aちゃんから伝わっていたんだ。




・・・ 沈黙 ・・・




「気を遣われたくなかった。」
そう答えると、案の定、お叱りの言葉が返ってきた。
「気なんか遣うわけないやろ!」
その後、少し病状のことを話し、
「この話はこれで終わりな。次からはこの話はせえへんで。」

「それから、お前の心配してるのは子供のことやろうけど、
なんかあったら、俺が面倒みる。
うちは3人おるし、ひとりくらい増えても変わらん。」
そんなこと、不可能なことは重々承知してるけど、
そう言ってくれる気持ちが嬉しかった。

そして付け加えで、
「俺に何かあったら、うちの子ら頼むで。」と、
思ってもしないくせに、
私が負担に思わないように気遣いも忘れない。

思い返せば、私がジュニアを産んだ時、
元夫(ジュニアの父親)は、面会にも来ず、
声もかけてくれなかったけれど、
この人は、「でかした!ええ子産んだな。」
と労ってくれたのが、妙に嬉しかったのを憶えている。



今、私の頭の中でモヤモヤしてること。

Aちゃんは、どうして他の人に私の病気のことを話したんだろう?
Bさんに話したことは理解できたとしても、
私のあまり知らない人にまで、
私の病気のことを話すことは理解しがたい。
「相手の立場に立って物事を考える」って難しいな。


もちろん責めるつもりはないんだ。
話されるのがイヤなら、
私自身が彼女に話さなければよかったんだから。

でも、責めるようになってしまいそうで、
「どうして?」と訊けない私がいる。
時間が解決してくれるかな?





【送料無料!】
生活習慣病+乳がんセルフチェック



【送料無料!】
生活習慣病+糖尿病+乳がんセルフチェック




テーマ:疲れた心 - ジャンル:心と身体

【2008/02/13 17:19】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(6)
抗がん剤治療 >>> 3回目
乳がん仲間のひとりが、抗癌剤治療の副作用で
かなり体調を崩していた。
状況を聞いていると、いろいろ疑問に思ったことが出てきた。
ネットで調べるうちに、無性に恐くなってきてしまい、ドクロ
ネットフリーの生活が続いていた。
なので、久々の更新。
つくづく「あかんたれ」な自分に嫌気がさしている。jumee☆faceA101


今日は、3回目の抗癌剤投与の日。

2回目以降、口内炎予防のため、
口に物を入れた後は、歯磨き、舌磨き、消毒を徹底した甲斐があったのか、
口内炎、味覚異常も前回より軽くすんだ。
熱が上がることもなく、普段と変わらない生活が送れた。

今回も、血液検査で白血球の数を調べてもらい、
順調(2回目投与時6,000、今回4,500)ということで、抗癌剤投与決定。
前回のタキソテール投与時の苦しい体験を先生に報告し、
点滴を落とす速度を遅くしてもらうことにした。

「そろそろ、吐き気が強くなってくる頃やな~。」と先生。
ええっ~手書き風シリーズ汗1
このところ副作用をあまり感じない快適な日々だったので、
回を重ねるごとに、どんどん副作用が少なくなってきて、
この状態が続くと勝手に思い込んでいた。
でもま、先生が何と言おうが、個人差もあるし、わからないよね。
ということで、吐き気止めのお薬が追加された。えーん


通院治療センターに向かう。
前回のタキソテール投与時の状況を説明し、
主治医の先生から言われたことも同時に報告。
看護婦さんたちが、慌てだした。
患者の状況をきちんと把握できていなかったことがマズイようだ。
抗癌剤投与中に何かあれば大変なことだから、
看護婦さんたちが慌てだすのも納得だけど。
お騒がせして、ごめんなさい。

で、今回はタキソテールをゆっくりめに投与。
少しだけ息苦しい。
看護婦さんに聞かれ、
「少しだけ。」と答えると、投与を中止。
看護婦さんが、電話で主治医の先生に連絡をし、
タキソテールと、エンドキサンの投与の順番を入れ替える。
さらに、生理食塩水(?)の量を増やしてもらい、事なきを得た。

全6回のうちの半分、3回目終了。
やっと半分かぁ。
効果が目に見えて分かる訳じゃないので、
なんだかな~って感じ。´д`トホホ





ウィッグ専門店 ksnok’s


テーマ: - ジャンル:心と身体

【2008/02/06 17:26】 | 抗癌剤治療 | トラックバック(0) | コメント(4)
MITAKYE OYASIN


お気楽シングルマザーの乳がん闘病記
リボン運動
チーム・マイナス6%
プロフィール

jewel

Author:jewel
30台後半♀
5歳の息子ジュニアと二人暮らしのシングルマザー。

2007年10月、右乳房に「しこり」らしきものを発見。
2007年11月、乳がん告知。
2007年12月、乳房温存手術。
2007年12月~2008年4月、抗癌剤(TC療法)治療。
2008年5月~6月、放射線治療。
2009年11月、定期検診にて骨転移発覚。

乳がん告知から日々感じたことを綴っていくプライベート日記。

カレンダー(月別件数付き)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

jewel

Author:jewel
30台後半♀
5歳の息子ジュニアと二人暮らしのシングルマザー。

2007年10月、右乳房に「しこり」らしきものを発見。
2007年11月、乳がん告知。
2007年12月、乳房温存手術。
2007年12月~2008年4月、抗癌剤(TC療法)治療。
2008年5月~6月、放射線治療。
2009年11月、定期検診にて骨転移発覚。

乳がん告知から日々感じたことを綴っていくプライベート日記。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

インディアンジュエリーASKWALI



>> 早期発見で救える命がある <<
↓↓まずは自宅でセルフチェック↓↓

【送料無料!】女性用がん総合検査セルフチェック 25DW11

【送料無料!】生活習慣病+糖尿病+乳がんセルフチェック 25DW11

女性用クラミジア+淋菌セルフチェック 25DW11

【送料無料!】生活習慣病セルフチェック 25DW11



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。