スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ボジョレーヽ(〃'▽'〃)ノ
父がボジョレーを買ってきてくれた�O���X���C���m�ԁn

今年出遅れてしまった私たちは
出かける先々でボジョレーを捜すものの手に入れることができず
なかば諦めかけていた

それがなんと!父はジュニアと一緒にスポーツジムのプールで泳いだ後
立ち寄った近所のコンビニでゲットしたというのだ
まさに「灯台下暗し」!



で、その貴重な(?)ボジョレーをいただきながら
父と母に私の現在の病状を伝えた







約2年前、私がこのブログを開設した当初(乳がんだと告知された直後)
私は自分の病気について知ることを拒み
病気について調べることもせず
ただ主治医の治療方針に従おうと思っていた
理由は単純!ただただ臆病で知ることが怖かった

そんな折、ブログを通じてコメントをいただくようになった
きゅうぞうさんからメールをいただき
私の主治医のことや治療について
そして何よりこれから治療に向かうべき私の
中途半端な態度を問いただしていただいたことを覚えている
当時の私はそれでも、わざわざ見ず知らずの私に
そこまで一生懸命になって下さっている
きゅうぞうさんの真意が理解できていなかったと思う


今の私は 遠隔転移の告知寸前だ
今になって思う
もっと勉強しておけば良かったと…

あの時 たった1年先輩のきゅうぞうさんが
再発も転移もしていないきゅうぞうさんが
あんなに訴えて下さったことを 今私は実感している
とっても恥ずかしい

遠隔転移と今後の治療について調べようにも
私は自分の「がん」について何も知らないのだ

乳がんを告知された日に
入院、手術の誓約書にサインをし
入院日は後日電話で知らされた
手術方法については、入院後手術前日の夜に説明を受けた
その後も手術や治療方法について説明を受けることもなく
自分から聞くこともできなかった

「ホルモン療法はしないのですか?」との私の質問に
    「しても意味がないからな」という答えから
  私がホルモンレセプターが陰性であること

「手術の際、リンパ節への転移はいくつありましたか?」との問いに
    「1個半、医学的には1個ということになってる」ということ

あとは半年ほど待って書いていただいた
傷病手当の申請書に書かれていた、摘出された腫瘍の大きさくらい


同じ病院で同じ時期に手術を受けたみんなの話でも
詳細に説明を受け、主治医の先生とともに治療方針を相談しながら
治療を進めていることを聞いていた
はっきりいってみんなの話す医療用の単語が分からないこともたびたびあった

私の主治医W先生は この地域では有名な名医と呼ばれる先生らしく
私の知り合いでも その先生に診ていただきたくて紹介状を書いてもらったにも関わらず
他の先生に診ていただくことになった人もいる

私はたまたま診察に行った日が その先生の診察の日だったので
W先生が主治医になったのだけど
忙しい先生だから…と諦めてしまっていたことも多い
痛いこと、辛いこと、不安なことは
主治医に頼るべきことではないと思い込んでいた


でも転移の危機にさらされた今
そんな呑気ではいられない
人任せではなく 自分自身で納得のいく治療を受け
懸命に生きている私の姿をジュニアに見せたいと思う


まずは検査の結果を聞きに行き
今後の治療方針をきちんと聞いたうえで
免疫療法の臨床試験を受けたい旨を伝えようと思う
もちろん臨床試験の対象には当てはまっていないかもしれないし
他の大学病院での治療をしたいという私を
快く送り出して下さるとも思えない


だけどジュニアのために貪欲に生きることにこだわりたい


そう両親に伝えた
これまでも いつもそうだったように
両親は黙って頷いて 私の意見に同意してくれた

母は「検査結果を聞きに行く日、お母さんも一緒にいく」と言い
父も「そうした方がいい」と言ってくれたけれど
それについては即答できずにいた
母はいつでも 一番嫌な役を引き受けてくれようとする
その気持ちはとてもとても有り難いのだけど
年老いた母にそんなことをさせたくはないし
私はもう小さな子どもじゃない
親は、本人以上に冷静ではいられないものだと思う
いつも冷静な母が取り乱す様を見たくはない



結果を聞きに行くのは
検査から3週間
検査結果を電話で聞いた日から2週間

その間 胸の痛みはどんどん増し
予約の日を待たずに診てもらいたい、この痛みを早く抑えて欲しいとも思っていたけれど
いろいろなことをゆっくり考えるには
良い時間なのかもしれない





もしあの時の私に伝えることができるなら
やはりきゅうぞうさんと同じように
きっちり勉強して自分の病気と向き合うよう言いたい

加えて
この記事を読んで下さっている方のなかに
これから病気に立ち向かおうとしておられる方がいらっしゃったら
少し考えていただけるきっかけになってもらえると嬉しい




テーマ: - ジャンル:心と身体

【2009/11/27 22:15】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(4)
<<乳癌骨転移 | ホーム | 復活~!(v゚∀゚v)>>
コメント
jewelさん、こんばんは。
読んでいて切なくなり、
そして、力一杯応援したい気持ちがより強くなりました。
人間、遅すぎるということはありませんよ。
医学の日進月歩は著しく、希望はそこにあると信じたい、いや、信じます。
しかし、胸の痛みが激しいようですね、
痛み止めは処方していただいていませんか?
わたしはロキソニンを処方していただいています。
現在、痛みを取り除く治療が進んでいます(ご存知だったらごめんなさいね)
そういう痛みを抑えるだけでも精神的にもよいとされ、
寿命にも大きく影響されるといわれています。
それにしても、つくづくわたしってお節介バアさんだなと反省しています。
でも、欲得なしの人間だとご理解いただき、お許し下さいね。
jewelさんがよい方向へ進むよう、日々、祈っています。

そして・・・・、下戸でなければ、ボジョレー飲んでみたかったな。^^
【2009/11/30 00:03】 URL | きゅうぞう #qZPM74OY[ 編集]
jewelさん こんにちは
 そろそろ病院にいく日ですね
どんな思いでこの十数日を過ごしたのでしょう
 貴女の胸のうちを思うと切ない思いでいっぱいです

きゅうぞうさんのおっしゃっているように医学の進歩は日々著しく
 新しい治療 まもなく承認されるであろう薬もめじろ押しのようです

痛みが辛そうですが 痛みをとる方法も研究され身体に負担がない物があるそうです
 痛みは身体だけでなく精神的 心も倒れます
明るく普段は忘れて過ごせるようになったら免疫力もおのずと上がります
まず 痛みを取り除いてもらいましょう

貴女の万分の一も分からない私がこんなこと言ってゴメンナサイね
 こんな事しかいえない自分がもどかしい…応援しかできない…(/_;)

きゅうぞうさんとともにjewelさんの治療の道が開ける事 好転する事 祈っています
【2009/12/02 10:59】 URL | Rグレイ #-[ 編集]
きゅうぞうさん ありがとうございます!

あの時きゅうぞうさんにお送りしたメール(だったかな?)
ちんぷんかんぷんな内容でさぞかしご気分を損ねたことでしょう?
何も理解できていなくて失礼しました
私の方こそお許し下さい
そしてありがとうございます

痛みの方は日々程度が違い 全く痛くない日もあるんですけど
「また痛くなったらどうしよう~」とドキドキはあります
治療が始まりましたので
それで痛みも軽減するだろうと主治医がおっしゃっていました
治療の内容は記録も兼ねて記事にしていきたいと思います
今後は治療内容などで迷うことも多くなると思います
迷える子羊、いえ子豚に
今後もお知恵をお授け下さい 
宜しくお願いします
【2009/12/02 22:10】 URL | jewel #Mwo2KJk2[ 編集]
Rグレイさん ありがとうございます!

結果を聞きにいく日、同じ日に2年目検診を受けているガン友と
時間を合わせランチをしました(といっても病院の中の喫茶店 苦笑)
彼女もふたりの子供を持つシングルマザー
「経験した者でしかわからないことっていっぱいあるよね」
「支え合って頑張っていこうね」と話をし
今回の件では、初めて人前で涙を流してしまいました
彼女も困ったとは思いますが、私は気持ちがスッキリして
なんだか落ち着いて診察に臨めました

同じ思いを経験されたみなさんに
この場で励ましていただき 本当に感謝しています
同時に…ご心配をおかけし本当にごめんなさい
みなさんご自分のことも大変なのに
本当なら転移した話なんて聞きたくもないと思います
なのにコメントまでいただき…どれだけ感謝しても感謝しきれません


痛みには波があって
痛いときは気分も滅入ってしまいます
おっしゃるとおり 痛みを抑えることが最優先だなと感じています
笑えない、イライラしている母にはなりたくないので…
  私にとっては やっぱりこれが一番大事かな?

さっそく今日から経口の抗がん剤始めました
今度は脱毛しないみたいなので
それだけでも大助かりです~♪
【2009/12/02 22:32】 URL | jewel #Mwo2KJk2[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mitakyeoyasin.blog41.fc2.com/tb.php/118-a98e6612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
MITAKYE OYASIN


お気楽シングルマザーの乳がん闘病記
リボン運動
チーム・マイナス6%
プロフィール

jewel

Author:jewel
30台後半♀
5歳の息子ジュニアと二人暮らしのシングルマザー。

2007年10月、右乳房に「しこり」らしきものを発見。
2007年11月、乳がん告知。
2007年12月、乳房温存手術。
2007年12月~2008年4月、抗癌剤(TC療法)治療。
2008年5月~6月、放射線治療。
2009年11月、定期検診にて骨転移発覚。

乳がん告知から日々感じたことを綴っていくプライベート日記。

カレンダー(月別件数付き)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

jewel

Author:jewel
30台後半♀
5歳の息子ジュニアと二人暮らしのシングルマザー。

2007年10月、右乳房に「しこり」らしきものを発見。
2007年11月、乳がん告知。
2007年12月、乳房温存手術。
2007年12月~2008年4月、抗癌剤(TC療法)治療。
2008年5月~6月、放射線治療。
2009年11月、定期検診にて骨転移発覚。

乳がん告知から日々感じたことを綴っていくプライベート日記。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

インディアンジュエリーASKWALI



>> 早期発見で救える命がある <<
↓↓まずは自宅でセルフチェック↓↓

【送料無料!】女性用がん総合検査セルフチェック 25DW11

【送料無料!】生活習慣病+糖尿病+乳がんセルフチェック 25DW11

女性用クラミジア+淋菌セルフチェック 25DW11

【送料無料!】生活習慣病セルフチェック 25DW11



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。