スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
どうか逃げてください
DV


配偶者からの暴力の末…
そんな事件が後を絶たない。

暴力を受け続けた挙句、エスカレートして
ついには殺されてしまった事件。
暴力を受け続けた、いわゆる被害者が、
耐え切れず配偶者を殺してしまい、加害者になってしまった事件。
数え上げるとキリがない。

私もあの時、逃げる決意をしていなかったら、
今頃、これらの事件に名を連ねていたかもしれない。

DVドメスティック・バイオレンス)と定義されるものは、
身体的暴力だけではない。
怒鳴る、無視する、別れるなら自殺する言うような精神的虐待、性的虐待、
生活費をくれないなどの経済的暴力、
外出を制限される社会的隔離、などいろいろな形がある。
実際、身体的暴力を受けた傷は治っても、
精神的虐待で受けた心の傷は、なかなか治らない。


暴力的な行為を行う人(いわゆる加害者)は、
外面のいい人が多いという。
家の中での顔と、外での顔が違う。
実際、私は気が強く、元夫は優しそうに見えるタイプだった。
私が周りの人に元夫からの暴力について相談をし始めた頃、
誰も、(親や妹でさえ)信じてくれなかった。
「あなたらしくない」と。

日常的に暴力を行う人であっても、
いつも暴力的なわけではない。
暴力を行った後は、
異様に優しくなったり、甘えてきたりする。
そのため、暴力を受けている側も、
「本当はこんなに優しい人なのだ」と信じ込もうと努力する。

そして、もっとも危険なことは、
ある事ない事、毎日責められ続けると、
自分が何のとりえもなく、どうしようもない人間であると
自分自身思い込んでしまうことだ。
「あの人がこうなったのは、私のせいだ。」
「あの人には私がついていないと駄目だ。」
自分が悪く、自分が変わらなければ、と思ってしまう。
私は、気が強いし、どちらかというとポジティブな方だと思う。
その私が、「この人からは逃げられない。」と思い込み、
今では信じられない精神状態にあった。

子どもがいる場合、事態はさらに深刻だ。
DVが日常化している家庭が、
子どもの成長にとってよい環境なはずがない。
両親の暴力を見て育った子どもが、
暴力によるコミュニケーションを学習し、
将来人間関係がうまく築けなくなったり、
DVの加害者や被害者になってしまうことも多いそうだ。

ここに挙げたことは、どれも私の体験のみでなく、
ほとんどのDV被害の内容は酷似していて、
DV被害者特有の精神状態だそうだ。

そして悲しいことに、
せっかく加害者から逃げても、自ら戻ってしまう人の多いこと。
またDV加害者は、離婚して別の人と結婚しても、また加害者に、
DV被害者も同じく、また被害者になってしまうケースが多いとのこと。
結局、そういう相手を探しているのだろう。


DV加害者は、いわば病気であって、
本人がそれを認め、治療をしないことには治らない。
今の状態から悪化することはあっても、よくなることはない。
私は、相談員さんからそうはっきり言われた。

DVに関する事件の報道で、
「なぜ、こうなる前に逃げなかったのか?」などと
コメントする人を見かけるけれど、
逃げれないことを私自身よく分かっているつもりだ。

だけど、敢えて言いたい。

もし配偶者からのDVに悩む方が、
この記事を読んでくださっているなら、
勇気を持って、どうか逃げてください
そして、あなたの周りにDVに苦しむ人がいたら、
どうか救いの手を差し伸べてあげてください。

行政はDV被害者を救う動きをしています。
子どもと一緒に逃げることのできるシェルターもあります。
なかには、心無い言葉で追い返されることもあるかもしれません。
だけど根気強く訴えかけてみてください。
必ず理解し、力になってくれる人がいる筈です。
どうか逃げてください
最悪の結果になる前に。


相談窓口の検索ができます。
配偶者からの暴力被害者支援情報









テーマ:DV ドメスティック・バイオレンス - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/06/16 22:27】 | 離婚/DV | トラックバック(0) | コメント(4)
<<放射線治療 全25回終了! | ホーム | 呑み過ぎ注意! in BBQ>>
コメント
私の元夫は、暴力こそ働かなっかったけど、
 何故だか、彼の無言の圧力に、彼の思うとおりに動かざるをえなかった。
私は、常に監視されているような雰囲気に怯えていた。
28年弱の婚姻生活において、私たち夫婦は「おしどり夫婦」としか見られていなかった。
別れたいと思っている事を相談したら、友達も兄弟も「あんな優しいご主人やない。なんで?。」って・・・
 私の方が快活で、自由奔放に生きているように見えるし、彼は家庭以外に楽しみの無い、良い人なのだ。
実際、彼自身も「俺のどこが悪い?俺が何をした?」と言うように、言葉にすれば、彼は家庭的な良い人であった。
彼は、ため息や呼吸の仕方・すねたり・寝たふりをする事で、不満を表現した。
 こちらが何か言うと、それをきっかけに彼は激怒し、しつこく罵倒した。
 全く関係ないことや、過去のこと、つじつまの合わないこと・・・かれは機関銃のごとく怒鳴り・私を馬鹿にする事で、自分を守った。
私は、彼の一挙一動足に注意を払い、彼の地雷を踏まない様にしてきた。
なので、余計に彼と私の価値観は食い違ってきたし、私の用心深さは、彼にとって「良妻」=「良い関係の夫婦」と思い込む事となっていった。
私は、婚姻関係を維持する事が、子ども達にとって良い事だと信じて、離婚を先延ばしする事に一生懸命だった。
 けれども、離婚を望んでくれたのは、その子ども達で、決断こそ私がしたが、しっかり応援してくれている。
 それでも、私は、今でも自分を責めている。
惨めで寂しい生活を彼がしている事も・・・
 もっと、私が強かったら・・・
   もっと、私が賢かったら・・・
     彼をそうしたのは自分だと。
 
この記事を読んで、泣きました。
「モラルハラスメント」という言葉を知ったのは、離婚を決意してからのことです。
私が抱えていた、恐怖の仕組み。
 彼の弱さを知っているから、自分が何でも我慢すれば、丸く収まると信じていたが、
 自分がボロボロになるまで、頑張ってみたけど、改善するはずもなく、悪化して行った。
「離れる」事でしか、解決策は無いと確信した。
それでも、しっかり別れるまでの期間が怖かったから、細心の注意と時間を掛けました。

 一度、そうなった関係を改善する事は、不可能だと思います。
 表面上は改善されたとしても、彼を許してしまった事で、彼は又繰り返すのです。
 依存の関係は断ち切る事でしか解決しない。

彼の改善の力になりたいと思うなら、別れる事だと私は思う。今でも辛いけど、それが彼の為でもあると思っている。

支離滅裂、長文すみません。
 
【2008/06/17 11:08】 URL | やらね葉 #-[ 編集]
やらね葉さんも、お辛い思いをされてきたのですね。
そして今もなお、苦しみ、自分を責めていらっしゃる。
これこそ、DVの真の問題点なのかもしれませんね。
そうした思いから、多くの被害者の女性は、
元の男性の元へ戻ってしまうのでしょうね。
周りがどんなに引きとめようと努力しても。

幸い(?)私の場合、一緒にいた期間が短かったせいか、私の情のなさのせいか、
はたまた私の頑固者さのせいか(笑)
調停で離婚が成立した後は、ひたすら身を隠すことで月日が過ぎました。
複雑な手続きを経て、役所でも私の居所は調べることができないようにしてもらい、
共通の友人とも連絡をとらなくしました。
それでも、もし見つかったら…と、恐怖感は今なお消えません。
自分を責めてしまう気持ちがなくなった訳ではありませんが、
それよりも産まれたばかりの息子を抱いて、
息子と自分の身を守ることを最優先にしてきました。

地雷。
まさにそうですね。
私はバカなので、ほぼ毎晩地雷を踏んでは、
関係ないこと、過去のこと、私の親や兄弟のことなど、
訳の分からないことを朝まで罵られ、
物を投げつけられ、包丁を振り回されました。
口答えしようものなら、さらに暴れ、
黙っていたら、それはそれで怒鳴られ。
私が離婚を決意できたのも、やらね葉さんと同じく、
やはり子どもの存在でした。
妊娠したことによって、産まれてくる子をこの環境で育てたくないと思うようになりました。
そして別れるのなら、子どもが父親の存在を認識する前に…と。
離婚を決意してからの経緯は、平坦なものではありませんでしたが、
今はあの当時では考えられないほど、安定した精神状態です。
何よりも穏やかな気持ちで息子に向き合えることが幸せです。
人それぞれ状況は違いますが、
今現在苦しんでいる方々が、その状況から抜け出せることを心から願ってます。
負の連鎖を繰り返さないためにも。
【2008/06/17 23:48】 URL | jewel #Mwo2KJk2[ 編集]
jewelさんへ
無事に別れられた事、本当に良かったですね。
今なお、所在がばれる恐怖がおありの事、辛いですね。
結婚という、儀式を経た事で、ある程度の情報を共有してしまっていますから、大変だったと思います。
私が、元夫の地雷を踏まないように努力したのは、私の実父が暴力を振るっていたから、用心深くなっていたのです。
母は父の神経を逆なでする人でしたから、そんな母の二の舞をしない様になっていて、元夫を余計に甘やかしてしまったと思います。
 とにもかくにも、どんな理由があれ、相手を理不尽に攻め立てる弱さを、理解も容認も出来ないですね。
 負の連鎖・・・
確かに、子どもにどんな影響を与えるのかを考えた時、どれだけ早く別れるかが大事だと今になって思います。
 だからこそ、jewelさんが言われるように、今苦しんでいる人に「早く逃げて下さい。」と私も自信を持って言えます。
【2008/06/18 22:07】 URL | やらね葉 #-[ 編集]
やらね葉さん、どうもありがとうございます。
離婚を決意したことが、息子にとって良かったのかどうか、
今も分らずにいます。
きっと正しい答えなんてないのでしょうけれど。
ただ、私自身があと何十年もあの状態を続けていける強さがありませんでした。
やらね葉さんのお子さん達は、もう立派になってらっしゃるので、
やらね葉さんのお気持ちをしっかり理解して下さってるのでしょうね。
それもこれも、頑張ってきたお母さんの姿を見てきたからでしょうね。
私もしっかり頑張らないと!
【2008/06/20 15:31】 URL | jewel #Mwo2KJk2[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mitakyeoyasin.blog41.fc2.com/tb.php/36-a2a67468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
MITAKYE OYASIN


お気楽シングルマザーの乳がん闘病記
リボン運動
チーム・マイナス6%
プロフィール

jewel

Author:jewel
30台後半♀
5歳の息子ジュニアと二人暮らしのシングルマザー。

2007年10月、右乳房に「しこり」らしきものを発見。
2007年11月、乳がん告知。
2007年12月、乳房温存手術。
2007年12月~2008年4月、抗癌剤(TC療法)治療。
2008年5月~6月、放射線治療。
2009年11月、定期検診にて骨転移発覚。

乳がん告知から日々感じたことを綴っていくプライベート日記。

カレンダー(月別件数付き)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

jewel

Author:jewel
30台後半♀
5歳の息子ジュニアと二人暮らしのシングルマザー。

2007年10月、右乳房に「しこり」らしきものを発見。
2007年11月、乳がん告知。
2007年12月、乳房温存手術。
2007年12月~2008年4月、抗癌剤(TC療法)治療。
2008年5月~6月、放射線治療。
2009年11月、定期検診にて骨転移発覚。

乳がん告知から日々感じたことを綴っていくプライベート日記。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

インディアンジュエリーASKWALI



>> 早期発見で救える命がある <<
↓↓まずは自宅でセルフチェック↓↓

【送料無料!】女性用がん総合検査セルフチェック 25DW11

【送料無料!】生活習慣病+糖尿病+乳がんセルフチェック 25DW11

女性用クラミジア+淋菌セルフチェック 25DW11

【送料無料!】生活習慣病セルフチェック 25DW11



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。